人にお金を貸すと、催促した時に恨まれる可能性がある

かつて家族にお金を貸したことのある私から皆さんに言いたいことがあります。それは「人にお金を貸す時は、返ってこないことを前提に貸しなさい」ということです。借りる側は借りた後のことなど考えていません。その時だけ良かったと思えればそれでいいので、すでに返済などをしてしまって自分の手元にないお金を返せと言われた時、まるで自分のお金を取られるかのような錯覚をしてしまうのです。

キャッシングは気軽に借入できて便利 | 借金を早く返す方法は節約だけじゃない

「金の切れ目が縁の切れ目」とはよく言ったもので、家族間だろうが友人間だろうが、これは当てはまります。ですからもし、今、あなたが借金を人から申し込まれ、貸せるだけのお金があったとしたら、まず借用書を書いてもらい、その上で「返ってこないかも」と予想しておくことです。そうでなければ最初からお金は貸してはいけません。

このページの先頭へ